全自動前貼り描画(ビルボード)

エロい絵には「こらまずいだろ」という所を隠すなり消しを入れるなりするわけですが、3Dでレンダリングした動画にいちいち入れるのは面倒であることが推測されます。
そもそもそういったレンダリングをする機会があまりないけど。)

そこでLightWaveのレイアウトでレンダリングする際に、ビルボードで前貼りを描画してしまおうと思いつきました。
まあビルボード自体は作っておかんとなーとは思ってましたが。(主に横縞な煩悩のために。)

レンダリングした絵はこんな感じ。
画像
動画をレンダリングしても、カンペキに狙ったところに追従します。あまりにカンペキなので、あたかもそれを身に付けているかのよう(言い過ぎ)

ハートの形はアルファにテクスチャを入れて抜いてるよ。
下半身の黒い海苔みたいなやつにはプロシージャルテクスチャでメッシュになるようにしてるけど、結構透けてしまうので残念ながらこの絵ではほとんど透けないくらいまで密度上げてます。プロシージャルテクスチャをこのように使う人は世界でもぼくとあと300人くらいしかいないはず。

レイアウトの画面上ではこんな感じになる。
画像
四角い板なオブジェクトにプラグインを仕込むカタチ。別にうさぎさんのモデルでも構わないし、ローカルの回転は生きているのでなるとをZ回転で回すこともできます。

ところが、LScriptで組んでみたんだけど、オブジェクト単体ではうまく行ってるのに、ボーンの子にするとうまく行かない。親のワールド回転拾ってマトリクスにして逆マトリクス作って掛ければいいだけのような気もするんだけど…。pivotの入ってないボーンの子でもダメなんで、何かがおかしいんだろうけど、結局いくら悩んでも分からなかったのですっぱり諦めました

画像
このよーに位置は Follower で任意のボーンに追従させて、板オブジェクト自体は単独のままにする作戦で逃げました。

画像
設定パネルは極めてシンプル。スケールを自動調整して2Dとしてのサイズを維持する機能はうまく行かなかったのでチェックボックスはただの飾り。
画面の法線方向に任意の距離移動させることができます。これがないと隠したいオブジェクトにめり込んでしまって不便だからね。
まあ、とてもシンプルなんで、裏返った時にこのオフセットが加味されて裏側でも前貼りが出ちゃったりするけど。

ちなみに何事にも限界はあるので、オブジェクトの横方向に前貼りが刺さってしまうこともあります。
画像
この場合は右のおっぱいに刺さってます。
せっかくなのでレンダリングしておきます。
画像
まーこの辺は一考の余地ありだけど、そもそも全体的にうまく行ってないんであんまり深入りはしないでおきます。

そうそう、前回の記事で網タイツげなものが角度によっては溶かされてしまうみたいなこと書いたけど、あれは設定ミスなだけでした。
Zのスケールを 2m とか十分な値にしてやると溶けずに全部出る模様。


今年はこれで打ち止め。
終盤のアーティクルでこのブログの本来の趣旨(煩悩の供養)に当てられたのは無上の喜びだね。なんか小説だの3Dだのでおしゃれになりつつあったから。あと今年は世の中いろんなことあって、仕事も忙しくて大変だったよ。
納豆が買えなくて悲しい思いをしたことなんか、もう二度と起こって欲しくないね(そこかい)

来年は辰年かー。
ドラゴン娘とか描きたいけど、時間ないなぁ。去年はもっと余裕あったんだけど。(それで装殻精霊のモデルと小説が生まれた!)

まー時間ができたらゆるりとなんかします。(当面はムリだけど。)
それではみなさん良いお年をー。

"全自動前貼り描画(ビルボード)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント