おとひめちゃんズ・MITSURU

おとひめ第3弾はお色気とベース担当、MITSURU先輩。巨乳ですよ。
画像
…巨乳なんだけど、3頭身だとやっぱりグッとくる要素が×0.3くらいになっちゃうね。

画像
SHOKOのモデルがベースになってて、顔回りは一応弄ってます。タレ目にしたのとちょっとだけ面長にしたのが大きな変更かな。つってもあんまり変わってないですね。
巨乳化に伴いちょっと腰も大きくしてるんだ。

画像
MITSURUは漢字で書くと美弦となる。ちなみにSHOKOは唱子、YUMIは弓美。「~姫」と掛けてるんだな。YUMIもギターで弦楽器ということでMITSURUと被るんだけど、MITSURUはチェロ、ベース、琴といった大きめの楽器が得意。体にズンズン響く低音が好きらしい(アダルツネタ)。

画像
お色気担当ということで、おっぱいは谷間ができるくらいに盛ってます。まあぼくが普段作ってる女の子キャラと違って脱がすのが目的じゃないんで、えらくポリゴンは少ないし、チクビとかもないけどね。でもビキニくらいは着られるくらいには詰めてるつもりです。

画像
ベースとかは微妙に鏡面反射が入ってるんだけど、バックライトに点光源入れてるとずいぶんとレンダリングが遅くなる。まあ楽器だけじゃなくて床も鏡面反射入ってるんだけど。なもんで今回はレンダリングに手間がかかったよ。まあそんなことは見る側はどうでもいいことなんですけどね。
MITSURUはSHOKOやYUMIの1コ上で、白百合のように清楚なイメージと抜群のプロポーションと後輩思いの包容力で下級生達に人気でした。お嬢様の嗜みも一通りやっていて、特に弦楽器の演奏は実力もあり、歌もうまい。
なもんで、高等部にあがると歌って演奏もできる軽音楽部に入りました。軽音楽部は伝統的な女神学園にあっては自由と華やかさで生徒達の憧れの場所。MITSURUは新入部員ながら注目を集め、学園祭ではボーカルデビューを果たします。それを見て憧れたSHOKOやYUMIは、高等部ではわき目も振らずに軽音部に入ります。しかし二人が部室を訪れると…。

画像
MITSURUは見た目は華があり美しくても、控えめで周りをよく見ていて相手を立てるというかいがいしさがあります。おっとりしていて癒し系のお姉さんキャラだけど、ただのお人好しではなく、自分も周りもWINの結果を導き出そうという打算的なものを常に考えている。周りをぐいぐい引っ張るような社長には向いていなくても、セカンドポジションにしたらとても有能に働きボスを活躍させるような名バイプレイヤー、良妻賢母の世話女房みたいなキャラなんだ。

画像
そんな打算的な性格でも、「これだ」と自分が信じたことは絶対に手に入れる情熱も併せ持つ。だから恋をしたら一途だ。
プロファイルしていくといろいろ深いキャラで、複雑な過去を持っていそうだぞ。


まあそんなこんなで3人目まで登場しました。
この3人が「OTHOHIME!」のスターティングメンバー。当然3人じゃバンドとしては少ないんで増員したりしていくわけだけど、その辺とかがお話になる。
レンダリングしたマンガみたいなものが作れないかと考えてるんだけど、時間は限られてるんで他にやりたいことと相談しながらになるかなぁ。

で、ここらでいったん整理をしていきたいと思う。ちょっとボーン構造が失敗してるとか階層の練り直しがしたいとかいろいろあるのと、BVHとか入手して動かせないかとか考えてたりするんで。
あとせっかくなんで3人をセッションさせたいね。
フィギュア風のレンダリングもしてみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント