総天然色(カラフル)ガール

下の妹も完成。
画像

上の妹をベースに幼な顔にしたつもりなんだけど、の色気を残しつつ腰の陰影に力を入れてたら、アダルツ成分はそのままになってしまったよ。

画像
上の妹はセルシェーダとグラディエントを組み合わせてたんだけど、ビビッドな色合いを出したかったんで下の妹ではラジオシティとグラディエントを組み合わせ、ラインレンダーを入れるという変則的な組み合わせ。
背景色はオレンジっぽいものを入れてます。
ライトは面ライトでじゃっかん飛ばし気味にしてます。こうすると、ハイライト部分が白く飛んで、ラジオシティのオレンジとグラディエントの黄色→赤みに落とす部分に繋がっていく感じになります。
グラディエントはエッジ付近がラインの役割も兼ねるんで、ラインは0.5ピクセルとほとんど補助的なものになってるんだけど、これがないとちょっと眠くなっちゃうんで外せないんだよなぁ。

画像
アダルツな感じは露出度を高くしてるってのも関係してるかな。もともと、下の妹で露出度を上げる予定だったから、上の妹はワンピース水着っぽいデザインにとどめてました。上の妹もヘソ出せばかなりエロくなるはず。なんつってもムネのボリュームが違うんで。
髪の毛は銀色っぽくするつもりだったけど、全体の色コーディネイトの関係でアクセントとして青を入れるようにしました。

画像
下の妹は目を意図的に大きくしてます。唇もボリュームが出るように調整してる。
今回、背景は3Dで衛星っつーか恒星っぽいものを作ってみたけど、実はテクスチャはNASAにある地球の開きだったり。まあ全体としては意味のないものになってます。

画像
お腹周りの陰影とVラインは冒頭で書いたように力を入れてます。それを際立たせるための服の面積は悩みつつ。もっと露出度を上げた方が良かったかなと思いながらも、設定年齢が若いってこともあってこの辺に落ち着きました。

画像
上のポーズを引いたショット。腰回りのボリューム感とかが一番よくわかるショットで、結構気に入ってます。脇…というか、大胸筋周りのウェイトはまだ課題が残るところ。ここはいつももう一本補助ボーンを入れるかどうか悩んでるところ。ただ、ウェイト配分とかの解決策が思い付かないのでいまだに保留になってます。

●お姉ちゃんとわたし
せっかくなんで、ノーマル状態で姉妹を並べてみたよ。
ちなみに二人ともラジオシティのみ。
画像
現行スイフトと先代スイフト程度の違いしかないけど、こうやって並べてみるとそれなりに違いが分かるってもんです。

画像
下の妹は部分的に縦方向を縮小してるんだけど、横方向はほとんど弄ってないんで凹凸感は実は高いんだけど、おっぱいのボリュームを下げたんで、結局お姉ちゃんのほうがオトナな体つきになってたりします。しかしピカピカでビビッドなサーフェイスとかライティングに比べると、かなり地味な感じになってるねw

画像
アップにすると、普段は目立たない水晶体サーフェイスの写り込みが効いてる。眼球は微妙に自己発光をさせて半透明感を際立たせてます。


まあしかし、リアルシェーディングはぼくはまだまだニガテです。というかベクトルがそっちを志向してないんで、そっちけいのディティールとかを詰める気がないという…。
それでも少しずつでもリアルなモノはやっといたほうがいいかなーなんて思いつつ、新たなモチベーションが出てくるまでしばらく充電。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント