LightWaveで網タイツらしきものをテストしてみるテスト

LightWaveのプロシージャルテクスチャを使って網タイツげなものができないか試してみたので発表。
画像


せっかくの三連休の初日だったんだけど、朝起きたら死ぬほど寒いし、会社で仕事してる連中(いわゆる燃えてるPJ)の支援をするためにPCに貼り付いてVPNで会社のPC操作したりして半ばヒマだったんで、小説の残りの詰めをしてたんだけど、なぜか突然宇佐田のおっぱいの揺れが気になり、Layoutをいじってたんだ。
で、肌のIncidenceAngleに応じたグラディエントを入れたいなーと思って入れたら今度はおっぱいの形も気になって直して、ついでに服のほうのグラディエントも直してたんだけど、ふと「これプロシージャルでもってうまいこと網タイツみたいにできないかなー」って思っていろいろ弄ってました。
それなりだけど、いけるんじゃない? てものになった。

画像
まず網タイツを入れたいサーフェスのテクスチャ編集ダイアログを開く。(諸般の都合でLightWave9だ。10は今の所待機中)

画像
「レイヤー追加」でレイヤーを追加して、レイヤー種を「プロシージャル」にする。ブレンドモードはお好みだけど、諸般の都合でPShop 比較(暗)にしてみた。別の乗算でもなんでもいいので試してみてね。レイヤー不透明度も同じ理由で今回は50%にしてみた。

プロシージャル種を「Grid」にして、Line Thicknessは適当。Fuzzy Edge Widthもレンダリング結果見ながら調整していくんだけど、今回は0.05にしてる。よく分かんないけど、「テクスチャを貼る正面」から内角が小さくなるにつれてTextureColorにフォールオフしていくんだけど、そのファジーっぷりを調整するパラメータらしい。値が大きくなるとぼわんとしてしまう。まあお好みで。

スケールは網のサイズを調整するため、XとYに5mm、Zは1mのままにしてる。Zも小さくしてしまうと、テクスチャがラウンドしていくとへんな感じになっちゃう。

画像
角度は編み目っぽく見せるために、バンクを45度倒してクロスハッチみたいにしてる。

で、1つ前の画像で飛ばしたパラメータがあるんだけど、「正面」の向きをカメラに向けるようにするために、参照オブジェクトにNullを入れてるのがミソ。

画像
こんな感じで、Nullをカメラの子にしてる。特にキーとかは打たなくてOK。
「ワールド座標固定」をチェックすることで、Nullの向きだけがテクスチャの正面に影響するようになる。しくみはよく分からないけど、結果良ければノープロブレムだ。


レンダリングしてみると、こんな感じになります。
画像
HoneyCombとかでもいいとは思うけど、Gridのほうが破綻が少ない気がしたんで、今回はGrid。プロシージャル種を他のもので試してみてもいいかもね。

ちなみにプロシージャルをはずすとこんな感じ。
画像
IncidenceAngleに対するグラディエントでストッキングみたいなグラデーションがかかるようにしてます。
こいつもはずしてしまうと、こんな感じになる。
画像
随分とシンプルになってしまったな。ほんのりリフレクションとか設定してるんで、多少は階調出てるけど。

で、これを動画にしてみるとどんなもんになるかというのがコレ。


今回は拡大しないと編み目がよく見れないんで、WMVでエンコードしてみました。
右クリックして画像サイズを全画面にしてみると、よく分かるよ(敢えて画質よりも画像サイズを優先してエンコードしてみた)。
IE以外のブラウザとかマックとかスマホで見れるかはわかんない。

けっこうそれなりに見れるでしょ?
内角が小さくなると単色に塗りつぶされちゃってるけど。たぶんプロユースではちょっと…だけど、雰囲気出すにはお手軽でいいんじゃないかな。UV作らなくていいから楽ちんだし。

BA_Pendulumを丹精込めて調整したおっぱいの揺れっぷりとかも見てね。重さと密度を表現してみたよ。


あとおまけとして、ぼくがレンダリングした画像にかけてるフィルタのやりかたを解説しときます。
あ、ちなみにぼくは使い勝手の理由でいまだにPhotoshop5.01使ってます。

画像
とりあえずレンダリングした画像。
画像
レイヤーをコピーして、アルファで抜きます。(アルファはもういらない)

画像
抜いたレイヤーをコピー。
画像
それにぼかしをかけます。画像のサイズにもよるけど、半径は3~4px。

画像
ぼかしたレイヤーのモードを「ハードライト」にして、不透明度を調整。これもお好みだけど、状況によって30~50%くらいでかけてるよ。
画像
ハードライトによって、色合いがかなりくっきりしました。

画像
あとは、たまにソフトライトなんかを足して色味を調整します。この辺は背景との兼ね合いもあったりするんで、やったりやらなかったり。


貴重な時間を非生産的な遊びに費やした感があるけど、まあこんくらい余裕ができたことを取り敢えず喜びたいです。
…週明けはあのPJどうなってんだろ。ちょっと怖い。

それ以上にそっちのPJに駆り出されて自分の本来の仕事が全然できてないっつー…。このまま年越しの予感。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

2011年12月24日 12:59
お○ぱいと網タイツ(らしきもの)調整乙です☆
LWってレイヤー種使って色々出来るんですね~
網タイツいい感じで、格段に良いと思います。
お○ぱいは良く揺れていて面白いというか羨ましいです・・\(__ )

「非生産的な遊び」や「失敗」って案外新しいアイデアに繋がってたりしますし、後で考えるとプラスになってる気はしますね。

ホットなPJ何とも言えませんが、無理せず乗り切ってください(`・ω・´)ゞ
2011年12月25日 11:06
kamo.oさん、どうもです。
LightWaveはセルシェーダーな人(というか自分)にはあまり縁のない機能がたくさんあります。プロユースの3Dツールではもはや必須となっているノード編集もあるので、気合い入れればもっといろいろできそうです。(まあ中途半端ですが。CgとかHLSLで自分でシェーダ書きたい…)
今回試したものは、面倒くさがらずに全身のUV作ればもっと自由にテクスチャ貼れると思いますが、取り敢えず雰囲気を出したい、みたいな時にはいいかも知れません。(フロントプロジェクションよりも変形してくれるので、網タイツ意外にも応用が効く)

>案外新しいアイデアに繋がってたりしますし、後で考えるとプラスになってる気はしますね。
ええ、そうですね。半分くらいは意味のないことを確認することもあったりはしますが。
プロとしてやってるわけでもないんであまり気にはしてないんですが、1日に使える時間、1年で使える時間…を考えると、「もちっと効率的にできんのか>自分」なんて考えちゃうことはあります。

PJは月曜以降いろいろ燃えそうな気はしています。(年末でクライアントもチームも殺伐としてたんで。) 自分は直接チームの中に身を置いているわけではないですが、サポートメンバーとしては「やっちまったな…無茶しやがって」という印象です。
自分の仕事の方はまだコントロールできてるんで、大丈夫かと。