つつじ100%(1)

今回は自作小説についてちょっと書いてみます。絵的なコンテンツが全くないけど、最近ぼくの中では自作小説がかなりシュミとして定着しつつあるんで、これもこのブログで取り扱ってくことにしますよ。

このところ3DCGもほとんど進めずに新しい小説のプロットを練ってました。
モノは装殻精霊シリーズの外伝的なもので、「セイバーエンジェル」から3年後の話なんだけど、セイバーエンジェルのキャラは一人も出ない、でも内容はほぼ直結してる、ってな感じ。
んが、これが当社比3倍の18禁エロ内容で、戦闘がほとんどない(当社比5分の1)という…。
エロは量があるっていうのもあるけと、質的に多い。主人公受けハーレムで、インモラル系とかなんで…。
ところがこれを詰めていくにつれ、ぼくはふと思うわけですよ。

「こんなものを出したら、自分はヘンタイだと思われるのではないか」

と。
…む。このブログが存在している時点でそれは考えてはいけない、とか誰かに呟かれている気がする。

で、「自分はエロだけじゃない、エロだけじゃないんだ!」というのを示すためにも、「前にちょっと考えてた18禁じゃないネタもぶち上げとこう」と思い、いくつかネタをピックアップしてみました。

作品No.1 純ファンタジー・ドラゴンもの(短め)
作品No.2 純ファンタジー・神話もの(短編)
作品No.3 近未来SFアクション(長編)
作品No.4 現代ファンタジーもの(中くらい~長編)

このうちプロットが出来てて半分くらい書いてるのが一番上のNo.1で、プロットが半分できてるのがNo.2。No.3は設定と部分的なエピソードのみ、No.4は設定の一部と部分的なシーンのみ。ツンデレがヒロインだ。
No.1 が最も早くリリースできるんで、これを進めるべきかなぁとは思うんですが、あまりにも王道過ぎて、ドラマはともかくストーリーに全くサプライズがないというのが致命的。もともとNo.1は、別の話の中のサイドストーリー的なものだからしょうがないんだけど。
ちなみに作品No.3については、この記事の一番下にちょこっと書いたやつで、確か2010年の年明けくらいに思いついたやつ。…かれこれ1年半放置してるわけですが、何か

いずれもコンセプト(ここでは企画意図とか主題みたいなもの)がないんだけど、ぼくの場合、部分的なシーン、例えば主人公が能力に目覚めるシーンとか、主人公とヒロインが出会うシーンとか、エンディングといったものがパッと思い浮かんで、そこに設定を付け足してプロットを組み立て始める、ってのが多いです。昔っからいろんなものがこんな感じ。
まあ、歌とか音楽でも、フレーズやメロディ、リズムが頭に浮かんでそれを広げていくって感じだと思うので、創作の手法としては間違ってはいないとは思います。
あるいは、日常的に思い浮かんだギモンなんかからネタが出ることもあります。例えば、「一卵性の男女の双子はできるのか?」とか、「人は視覚や聴覚といった感覚器官を失うと、他の部分がその機能をカバーするようになるが、意図的に五感を断たれた人はどうなるのか?」とか。まあこの辺はちょっとやばいニオイがするけどね(苦笑)
ちなみに、前者の一卵性の男女の双子ってのは、できる。性染色体がXXYといったクラインフェルター症みたいなものものも考えられるけど、XYという性染色体を持っているとして、Y染色体が働かず、X染色体だけが機能すれば、女の子になる。母胎の中で一卵性双生児においてそのような異なる条件が出来得るのか、ということはあるけど、2つのものが全く同じ位置関係にあるということはないので、可能性は十分ある(例えば鼻の穴は2つ並んでいるけど、右側と左側はあきらかに位置関係が違うでしょ。よく分からん例えだけど)。

まあそんなこんなで、そういったことをしょっちゅう考えてるんで、お話にまでならないネタは結構あったりします。
それと、昔ヘタレ同人やってたので、マンガで描きたいな、と思っているネタも結構あります。
この辺はこのブログで既にいくつか出してますが、美少女悪魔リアとか、鉄腕ルーシィなんかも、小説じゃなくてマンガで描きたいものだったりします。特にギャグ表現やデフォルメ表現なんかは、文字だけだとなかなか伝わりにくいものがあるんだよね。
まあ、画力が圧倒的に伴わないのでお蔵入りになってるわけですがorz
どうせ日の目を見ないなら、いっそのこと小説でいいじゃん、てのはありますね。
そういう意味では、昔はゲームネタ(主にRPG)をたくさん考えてたんで、候補はぞーろぞろありますよ。

こーして考えてみると、昔っから意外とキャラ設定とかお話考えるのは好きだったんだなーと。でも、マンガばっか読んで小説は全然読んでなかったな。夏休みの読書感想文で挫折したよ…。

で、最初の問題点に戻るけど、結局今の所18禁以外で出せるタマがない(無理矢理No1を出すテはある。寒いけど)ので、今やってるのを進めることにしときます。


ちなみに、ブログでは山茶花案山子(さざんか かかし)となってますが、ブログのハンドル名はもう全くこだわりなくテキトーに付けたものだったりします。(最初は山田野案山子だったしな!)
ほんで、山茶花つつじは同人関連のペンネームとして未使用のものを使いました。ブログでは案山子のままだけど、作家としてはつつじを名乗るよ。もしかしたらpixivとか始めるかもしれないけど、そうなるとCGとかイラストでも統一しないとわけがわからんことになるから統一することになると思うけど…。

うむ。いい感じに独り言になった(ぉぃ
また書きたいことが貯まったら書きます。
…来週も小説やってる気がするけどな(ぉぃ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2011年07月19日 23:06
自作小説いいですね。
文才さえあれば無制限に世界を構築出来る小説という手法はつつじさんにかなり合っているのではないでしょうか。
私はそっちの才能は皆無なので、羨ましい限りですがファンとして世界に乗っかる事で同人っぽく楽しもうかと思ってます☆
装殻精霊シリーズ外伝期待しております。
2011年07月21日 01:36
kamo.oさん、コメントどうもです。
このブログもそうですが、考えたものや作ったものを世に出して、いろんな人に見てもらうというのは楽しいものだな、と思います。
ぼくの場合はどれも個人的満足の範囲を超えていませんが、それでもほんの少しでも見てくれる人がいれば励みになりますんで、ネタ切れになるまで続けていきたいなと思っています。
乗っかれればぜひ乗っていただきたいです。

あと、ぼくは今は割と自由にやってますが、同人みたいに他の人と方向性を合わせてやる、っていうのは、それはそれで楽しいですよね。みんないろんなこと考えてるんだなーとか、同じこと考えてるんだなーとか分かって。
ぼくも乗っかれるものがあれば、乗ってみたいなと思っています。
2011年07月21日 15:09

小説の完成とりあえずおめでどうございます!
三ヶ月ぶりにきました。
分野が違ってもあなたの熱心さを見て
物語を作り続けている姿を見るだけで
何なかの力がくれた。
複雑な評判や感想は書けないけど、
その作りたい気持ちをあきらめないでほしい、
応援します  
2011年07月22日 02:32
KAYO耀さん、お久しぶりです。twitterとかでも呟いてないなーと思ってました。
応援ありがとうございます! どれも中途半端ではありますが、趣味だからまず自分が楽しめればいいじゃん、というのを意識してモノ作りをしていきたいと思います。いつかは人を楽しませるためにやる、というステージに行きたいものですが…。

お互い頑張りましょう。