自動天使(4):白き正衣は少女の決意

今回は制服の正装バージョン。
画像

例によってタイトルにはあんまり意味ないです。

画像

基本的には普段着バージョンとあんまし変わらないけど、袖から脇にかけて大きくカットしてあるので、袖なしシルキーシェルと組み合わせると脇チラするのでちょっとドキッとすることも。
まあ、レイチェルの超絶露出度からすると全然肌色成分は少ないんだけど、これがチラリズムの妙なわけですよ。

冒頭のレンダリングで既出だけど、フェリシア用の髪。
画像

おかっぱ(ショートボブ)にもいろいろあるんだけど、日本の伝統的なおかっぱとはちょっと違って、ナナメにカットしたキャリアウーマン風のスタイリッシュなタイプ(後ろは刈り上げ気味(笑))にしつつ、じゃっかん横方向に膨らみを持たせてかわいらしさも出してみました。
おかげでロボ耳がほとんど隠れちゃったけど。まあ仮なんで。
髪留めはなんの機能もないけど、これもかわいさを演出してます。

でっかい襟が特徴。
装殻精霊には階級があって、偉い人になると襟がもっとでっかく立派になります。
あと黒いラインパターンが変わります。

襟元のセレスシャルヘイローが変化しているのがミソ。
セレスシャルヘイローは外装(シェル)に合わせて変化し、基本的にでっかくなるほど機能が増強するのだ(…なんかエッチ)。


画像

スカートは前後のふんどしみたいなパーツと左右のパーツの2ピースになってます。
(「天衣無縫」を軽く意識したデザイン。役満だ。)
ボーンを2関節にしたりしてみたけど、脚のデフォームに合わせてスカートのボーンを制御するのは至難の業で、ちょっと苦しいです。

で、せめて下半身だけでもClothFXに逃げようと思ったんだけど…。
画像

パッと見わかりにくいけど、裏面ポリゴンがはみ出して、変な影が出ちゃってます。
裏面にはテクスチャを出したくないのでポリゴンをコピーして法線を反転させてるんだけど、ClothFXで変形すると微妙に差が出るみたい。あるいは干渉してる。
裏面を動かして厚みを持たせたりセルフコリジョン入れてdouble sidedにしたりしても改善はしませんでした。
多分オーバーラップしないくらいまで距離を持たせないとだめなんじゃないかな。
でも布の厚みを考えるとせいぜい5mmってとこで、1cmくらい離さないとだめだと思うので確認はしてないけどちょっと厳しいかと。

じゃあ裏面なしで1枚のポリゴンに表と裏で異なるテクスチャを当てられないかとノードエディタを使ったりしてみたんだけど…。
画像

スクリーン法線との向きはIncidenceノードで取れるんでイケる!と思ったんだけど、両面ポリゴンだとIncidenceノードの範囲を180度にしても0.5以上の出力にはならないため、「裏面」の判定ができない。
かといって片面ポリゴンだとカリングされてそもそもピクセルシェーディングに入ってこない。
そんな悲しいこともあり、今回は泣く泣くあきらめました。
服に厚みを持たせてないのは、その辺の名残です。


あと何枚か画像を貼っておくよ。

画像

冒頭のショットを別アングルで。
髪はそのままだと襟にめり込みまくるんで、サイドだけボーン入れてます。
色気を出すため目はちょっと猫目にしてます。

画像

腰の辺りにしなを作ってみた。
あんまり極端に動かすとスカート(と言えるかどうか分からんけど)がめり込んでしまうのでアラが出ない範囲で。

画像

上の全身像。
普段着バージョンの学生服みたいな感じに比べると、巫女さん(神官)みたいな感じになりましたな。
まあそーゆー意図にしてるんだけど。

こうして見るとブーツとグローブに統一感がない気が。
そのうち作り直すかも。


次回は素体ちゃんの最後のモデル、勝負服。
デザインがちゃんとできてないのとギミックが多いと思われるので1週間で終わらないかも…。
今回がちょっと早めに終わったから有効に使わねば。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年01月30日 00:25
自動天使にショートボブ入りましたね☆
可愛くなりました(=´▽`=)
正装バージョンいい感じです。
黒いラインパターンのUVテクスチャがShadeではかなり厳しい気がしますね(;^^A
裏面のテクスチャは私も以前セーラー服の襟で苦労した事があります。
結局二枚重ねでしたが・・
勝負服期待してます☆
2011年01月30日 04:06
板ポリの両面に別個のテクスチャを充てるのは、fault0d.at.webry.info/200705/article_9.html かな?
常用してない&UVテクスチャで試した記憶が無いのでアレですが。
2011年01月30日 15:25
kamo.oさん、どうもです。
髪って大切ですよね。前にも書きましたが、さらにボーン入れてちょっとたなびかせるだけでもグッと魅力的になりますね。これはリアルでも一緒で、綺麗な髪型の女の子にはハッとしたりしますもんね(笑)
素体ちゃんは個性を付けずにあくまで素体、という方針のため表情を飛ばしたのですが、今回髪を入れるに当たり、やっぱりちょっとだけ表情入れちゃいました。

テクスチャはサブディビとかサブパッチを使うと歪みが大変ですね。
今回はテクスチャにLWの機能であるサブパッチ補間を入れてるので歪みが少なくなって助かってます。
2011年01月30日 15:26
浅妓さん、情報どうもありがとうございます!
Spot Info ノードには全く気付きませんでした…。
うまくいったので、フォロー記事にまとめました。

浅妓さんはいろいろ物知りですね!
ぼくの情報収集能力が低いだけかも知れませんが…。

裏面ポリゴンを使わなくて済むようになったので、今後の作業が楽になりそうです。
2011年01月31日 05:48
上手く行ったようですね(゚∀゚)b
情報は大量にある(目立たない所にもある)Newtekの動画を地道に見るしか~。
本当はwebページで簡潔に纏められているといいんですけどねぇ。