応用ちゃんおかわり(1):彼女のそれから

夏ですなぁ。
暑いと何もする気にならないんで例年はだらだらしていることが多いんだけど、ここまで暑いともうエアコンをかけざるを得ないので、エアコンかけて何かやってます。

2Dをやろうかなと思いつつだらだらやれる3Dも捨て難し。

いろいろ考えた結果、
「応用ちゃんのいろんな頭身を作ってみよう」
とゆーことに。

とりあえず今回はアダルトフォーメーションをお送りしまつ。

まずはとっとと画像を貼っておきます。
画像

だいぶ大人っぽくなったね。巨乳から爆乳に成長してます。
普通のアプリが16歳くらいの設定なので、アダルトバージョンは5年後の21歳とゆーイメージになってます。

頭身を比較するとこんな感じ。
画像

いろんな所を増量しつつ、ツノはアダルトになると微妙なのでなくしました。
アフォ毛は未成年まで。


頭身や身長を変えると面倒なのがボーンの調整。

最近ボーンの微調整はレイアウトでやってたんで、これをスケルゴンに戻したくてモデラーのLoadBoneプラグインを使ってみたけど、ピボットが入っているせいかなんかよく分からないボーンのバラバラ死体のよーなものが生成されてしまうんで、DLLプラグインを自作してみました。

拡張タグの情報がみつからないんで、多少試行錯誤しつつ、BONE、BNWT、BNUP、SKID、SKPR辺りを突っ込むことに。

モーションを再利用するならレイアウト側でボーン位置をスケーリングするプラグインを作った方が便利かも知れないけど、頭身が変わるとスケルゴンまで戻したほうがシンメトリの編集もできて調整しやすいです。
まあレイアウトのボーン編集に慣れるとそっちのほーが早いんだろうけど。

ただしボーンを入れ直すとプラグイン情報も失われちゃうよね。
シーンファイル(lws)はテキスト形式なんで、入れ直す前のものから抜き出してコピペすれば再現できるんだけど、プラグインが入ってるボーンだけでも70本くらいあって手作業ではすげー時間を食ってしまうことがわかったので、DLLプラグインで lws からプラグイン情報をテキストファイルに書き出し、逆に然るべきボーンに戻すとゆーものも作りました。
以前作ったボーンの設定プラグインでリミッタなどの設定は保存できるんで、組み合わせればかなり簡単に入れ直しができるよーになったよ。
全く違うシーンに入れるとFollowerの参照オブジェクトのIDが変わるから後でプロパティいじる必要あるけどね。


あと、頭身の違うボーン階層に対して同じポーズが取れるように、リグの階層を別に作りました。(従来はボーンの節々にNULLを引っかけてた。)
1つのシーンに複数のモデルを読み込めば、同時に同じポーズを取らせることができます。
(Translationを動かすものはズレが生じるかも知れないけど。)


それと、頭の長さと身長、頭身の関係をテーブル化してみました。

頭身早見表
画像
エクセルデータは以下にあります:
頭身.xls

さて、この表の見方だけど、左側の「年齢」はあんまり関係ないです。
単に1年で0.5cmずつ「頭長」すなわち「頭の長さ」が伸びていったとして、その時の身長から何頭身にすればいいか、というのを知るのがこの表の基本的な使い方。

あるいは望む身長と頭身を決めたら、頭の長さがどんだけになるかが簡単に分かります。

例えば応用ちゃん(アプリ)は頭長は22cmで身長155.5cmなので、22の行から近い所を探すと、7頭身ちょっと、とゆーことになります。
もっと正確に出したいなら下の小さい表の部分に数値を入れれば頭身が少数第二位まで出ます。

ちなみにぼくのでかい頭でも23cm程度なので、アプリは女の子とゆーことからするとちょっと顔がでかいとゆーことに。
アニメ系キャラの宿命ではあるけど…。
まあ、外人のスーパーモデルが身長176cmくらいで8頭身だとしても頭長は22cmなので極端にでかいとゆーほどではないかな。

表には2頭身とかあるけど、これはデフォルメ用。
まあスーパーデフォルメ(SD)レベルになると1.5頭身とか必要になるけど、その辺は自分で拡張してください。
(マクロを組んだほうが良かったんだろうけど、Excelのマクロって組んだことがないんだよね…そのうち学習せねば。)

リアルな使い方として、自分や家族や彼氏彼女の頭長と身長を入手して表を辿れば、何頭身かがわかります。
ぼくの場合は 7.5頭身から8頭身の間だ。
脚の長さは別として、結構立派な体格と言える(をぃ

アプリの場合、最終的なアダルトバージョンでは7.5頭身にしたい所なんだけど、多少面長になって頭長を23cmとしても7.5頭身だと身長が172.5cmにもなってしまう。
こりゃちょっと想定よりも大きくなってしまうので、身長を164cmにして7.13頭身で手を打ちました。
(実はバランスを取るためにアダルトバージョンの頭の幅はじゃっかん縮めてます。)

普通に2Dだとミドルティーンは6頭身くらいかな、と思ってたけど、頭長を22cm辺りにすると身長は132cmになってしまい、身長を150cm辺りにすると頭長は25cmになってしまい、その比率でいくと大人はものすごく頭がでかいか巨身になってしまうので、モデリングの早い段階から妥当な値に決めておくといいと思います。

このよーに正しい使い方を踏まえた上で、アプリの進化の記録(ぉぃ)を設定すると、
年齢頭長頭身身長
7才(小学1年)19cm5.5104.5cm
10才(小学5年 第二次性徴)20cm6.0126.0cm
13才(中学1年 思春期)21cm6.5136.5cm
16才(高校1年 伸び盛り)22cm7.07155.5cm
21才(成人 成長終わり)23cm7.13164.0cm

のような感じでけっこー簡単に身長が割り出せます。


あと何枚かアプリのアダルツバージョンを貼っておきます。
画像
画像画像


最後のポーズが結構いい感じなので、こいつでGIレンダリング版も作ってみますた。
(なおGI版はフィギュア風味を狙ってます。)
画像
画像画像
画像画像

まーそこそこグッとくる感じになったかと。
(しかしこーゆーのは半年後に見ると「若かったな」と思うこと多々あり。)

顔周りでは、1cm伸びた分を鼻を伸ばす分に使い、アゴのラインを調整してます。
目の大きさは変えてなくて、若干小さく見えるようにボーンでデフォームしてます。
残りの7.5cmは首、胴、脚に振り分け、腕も少し伸ばして全体を整えてます。

アダルツバージョンは比較的やりやすかったけど、チャイルドバージョンは体のバランスを再構成しないと結構難しそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント