応用ちゃん(4)/先生!おっぱいの骨はなんといいますか

うむー、仕事が忙しい…。
どうもモチベが上がると仕事が忙しくなり、仕事が少し片付いてくる時にはモチベが減退してくるとゆー繰り返し。
心が折れそうだよ…。

しかしその間隙を縫って顔以外のウェイトが概ね入ったんで試しに動かしてみたよ。
(おかげで超絶睡眠不足だけど。)
例によって横縞な動画付きでお送りします。

標準ちゃんでは手を付けなかった指のボーンも入れました。
中途半端にポリゴンをケチってるんでディティールはいまいち。
(現時点では作りこむ時間的余裕もなし。)
しかし指は全体に対する容積の割にはコストが高いね。

骨の数は極力少なくしてるんで、手の甲は動きません。

あと膝は2ボーンでなくてもなんとかなりました。kneeと補助ボーンのkneeSになってます。
160度までは曲げられるんで正座もOK。


ほんでついゆーわくに負けておっぱいにもボーンを入れてしまいました。
今回は胸寄せもできるように2ボーンですよ。


パターン1・胸寄せポーズ
画像

2ボーンの1つ(breast1)を胸寄せ用に使用。
内側に寄せると、Followerでおっぱい本体のボーン(breast0)のスケールに反映されておっぱいが縦方向に膨らみます。
慣性の付け具合でおっぱいの柔らかさが決まるようです。

パターン2・仰向け
画像

おっぱい本体を少し沈ませると、位置に連動するFollowerで沈み具合に応じて横に広がるようにしてます。


手打ちで揺らしてみますた。






いやあ、これは楽しいな!(笑)

全部手打ちにすると死ぬので(ま、楽しいけど)、これはゆれものプラグインをなんとかしないとなぁ。
しかし巨乳を柔らかく揺らすための設定はなかなか至難の業と思われます。


あと胸寄せポーズと仰向けも動画にしてみたよ。

ボーンウェイトやモーションの細かい所がいいかげんだけど、途中経過ってことで勘弁してください。
(FKでやってるし。)






2Dだとおしりをもっと見せてるとこだけど、3Dではムリでした。







カメラで見つめられてじゃっかんはずかしがらせてみました。
(顔のボーンがまだちゃんと入ってないんで思った感じになってないけど。)


どうすか。


すっきりしたのでこれでしばらく仕事に集中できまつ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント