美少女3Dモデリング(2-2):応用ちゃん/ボディスーツ

とりあえずボディスーツまで全身ができました。

その前にバストアップを一発。
画像

このアングルだとムネの大きさが強調されますな。

ほんで全身。
画像


明るい紫の部分は「ボディスーツ」で、タイツと本体は秘密のジッパーで連結できるようになってます。
あと中央のジッパーも首まで閉じて完全装備になるけど、応用ちゃんはムネが大きすぎて上まで上げるのが困難ならしい。
このスーツは7mm厚ながら瞬間的なインパクトに対して周囲に分散して跳ね除けてしまう特殊な素材だけど、ソフトタッチには弱いのだ。お触りはやさしくね(はぁと)

このスーツだけで以下
  • 絹のような肌触りで一度着たら病みつき
  • 繊維密度可変で熱伝導も調整。冬暖かく夏涼しい温度湿度調節機能付き。-200度~800度に耐えるぞ
  • 宇宙に出ても平気な密閉モード+水中では抵抗を抑えマグロ並みのスピードで泳げる
  • 汚れにくい、汚れてもサッと拭ける
  • UV、URをカット。同時にステルス機能付き
を含み10の秘密があるけど、残りの内容はまだ考えてないです。

ちなみにここまでで新規に試した技はまったくなかったり。
基本は標準ちゃんで完成しとります!
なんで特段書くことないです。
なんか聞きたいことあったらメッセージとかでどうぞ。


…あ、そういえばアンチエリアシングを「適正サンプリング」にすると480x640pxでもそれなりに滑らかでレンダリング速度がすげー速くなりました。
標準ちゃんの時は、なぜかヘソと股間がすげー重くてレンダリング時間が飛躍的に伸びてましたが、今回はヘソがないからかどーかは知りませんが、サブパッチレベルを3にして600x800pxにしても3~5secで描き終わるんで、モーション付けても早そうです。

あと今回、アンビエントライトとシャドウの色をちょっぴり赤にしてます。

少し寄ったショット。
画像

ちなみにジッパーの部分はテクスチャです。まあわかるか。

最終的にはこの上にジャケットをはおって首輪とかの小物が付きます。
あと一週間くらいでひととおり揃うかな…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント