美少女3Dモデリング(2-1):応用ちゃん

標準ちゃんである程度やってしまったので、じゃっかんモチベーション低下中…。
(その低下の一因として、やっぱり手付けモーションがうまくいかなかったので諦めたつーのがあります;-;)

リアルタイムレンダリングとかに進む予定もありましたが、そっちに行くと今でさえとろい更新ペースがさらに低くなるのと、このブログの趣旨(煩悩イラストを載せるんだ)からはずれるとゆーのと、やり残したことがまだいくつかあるので、もう少しLightWave上で遊んでみようと思います。
(最近2Dイラが載ってませんが。全ては煩悩の赴くままに。)

で、標準ちゃんを煮詰めるとゆーのもアリだけど、もうちょっとキャラクタを濃ゆくして特徴を付けつつディティールもそれなりに詰めてみよう、とゆーことで、とっとと「応用ちゃん」に進むことにしました。

特徴として
  • 美少女キャラに必須の6頭身(=6頭身素体としても活用)
  • 身長158cm程度、ムネでかい、腰細い、お尻ムチムチの濃縮プロポーション(=オレ好み)
  • 髪型は面倒なのでシンメトリ、ロングヘアver.も作るが、ゆれものがなんとかなるまではショート
  • 4頭身デフォルメも予定
  • いろいろに応用したい
などなど。

といったことを後付けで考えたのがこのイラスト。

画像

…ラクガキレベルだったりするけど。
まーモデリングでのディティールを優先するので、どうせこのイラスト通りにはなんないと思うんでこの程度でイメージだけ固めておきます。
名前は「応用(application)」から「アプリ」と命名。
しかし本名は「杏(apricot)」だったり。だから綴りは apri ね。

あと標準のモディファイヤでは若干うーむ、という感じなんで、LScriptやSDKでモディファイヤを作ってみたいと思います。
ムネ揺れや髪の毛のゆれもの(もどき)とかもうちょっと融通の効くフォロワとかは作ってみたい。


ほんで先週いっぱい仕事がかなり忙しかったんだけど、今週はそこそこ忙しい程度になったので(たぶん今年はずっとこんな感じだ)、毎晩眠い目をこすりつつちまちまいじって、やっとこ顔が決まってきたので先取りアップ。

画像


標準ちゃんは手なりでやったから適当だったけど、今回はイメージが既にあるので結構苦労しました。
つーか、自分の2Dのウソとの妥協点を見つける作業といってもいいかも。

イメージを完全に無視してもいいけど、最初に標準ちゃんをいじって適当に作った3Dがとってもかわいくないのでやはりイメージに近づけようとゆーことに。
レンダリングしてはフォトショでおかしい所を修正し、モデラでそのイメージに近づける、というのを繰り返したわけです。
でかい目のモデリングはバランスを取るのが難しいっす。

まぁ一回作ればあとは流用できるから。
あとこれを繰り返せば2Dのデッサンも上達するかも。
3Dが正確じゃないっつー噂もあるけど…orz

まだちょっと納得いかない所もあるけど、とりあえず全身をやってまおうと思い、勢いで髪と上半身のプロポーションを決めてみました。

髪型も意外と複雑だけど、顔に比べれば全然問題なし(つーかあまりイメージに忠実に合わせる必要ないし)。
ムネはほぼイメージ通り。


ちなみに標準ちゃんですが、7~8頭身キャラ素体としてときどき調整は行っています。
今は標準ちゃんγになってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント