美少女3Dモデリング(2):標準ちゃん/全身

画像

標準ちゃん近影
顔をちょっとシェイプアップしました。
ちょっとオトナになった感じ。
あと前髪をちょっとだけ整えて、エラから顎の線もはっきりするように。
でもトゥーンシェーダだとほとんど変わり映えしない…。


ボディは大体こんなもんです。
画像
ぼくのモーションレベルは1なもんで、ポリゴン割りはだいぶアレですが。
今後じっくり骨を入れつつポリゴン割りとウェイト調整をしてみたいと。

あと、今回はディティールはあんまり考えないようにしてるんで、手がミトン状に(汗)
先っちょに行くほど適当になってます。

サブパッチをかけないとこんな感じに…。
画像
粗めにしていると動かしてからおかしい部分の頂点修正が簡単なので便利。

モーション入れた時のおかしいところを分かりやすくするために、肩とおしりの辺りのサーフェス色を変えてます。
決して極道の女ではありません
胸の色が違うのは親ごころのボディペイント…などではなく、胸の変形を見るためです。
この辺にも微妙にボーンウェイト入れてたりするんで。

ちなみに当面胸に骨入れる予定はないんで胸揺れはしません。
…こそーりやるかも知れないけど。


レンダリングするとこんな感じに。
画像
モデラー上ではひたすらショボいですが、影が入ったりトゥーンシェーディングされるとまあなんとか見れると思うんだけど、どーすかね。

このモデルでは顔周りのボーンは目を除いて殆ど入ってませんが、その他は一通りボーンが入ってます。
(とりあえずはその他の部分を調整しないと…)

目にはIKで eyeGoal ヌルを作って、カメラの子にしてるので常にカメラ目線になってます。

カメラはさらにヌルの子になってて、ヌルを回すとカメラが地球を回る月の如く一定の距離を保ったままキャラをフォローしつつ周囲を回るようになってます。

脚はやや内股気味にしてみました。
よく、「脚をぴったり閉じると腿の付け根、膝、ふくらはぎの3箇所にすきまができる」とかいうので、これだと膝下にすきまありまくりで外側に寄ってるかも…
まあくるぶしに余裕があるので、ボーンで調整できる範囲だとは思うけど。

こんな感じでレンダリングしては調整を繰り返してます。


ちなみにボーンですが。
レイアウトで調整するのがとってもニガテなので、ちょっといじってもラチがあかない場合はモデラーでスケルゴンいじって作り直してます。
プラグインで
「ボーン消して、スケルゴンからボーン作って、ウェイトマップのみのチェック入れる」

「テキストに書き出したボーン設定(IKや制限含む)をリロード」
っつーのを作ってるんで結構楽。
このプラグインは書き出した設定ファイルにコマンドを追加できるので、中心点の記録(Shift+P、r相当)や初期の回転の設定もできてそれなりに便利。
でもGraphEditor上のエクスプレッションをコマンドでやる方法がわからなくて(コマンド履歴に出ないから)ここだけ手作業…。

ついでにモデラーではボーンウェイトマップを左右対称にするっつープラグインと、ミラー化した右側のボーン名を変更して(頭が'L'だったら'R'にする)ボーン名と同じウェイトマップを設定するプラグインを作ってるんで、ひたすら左側だけ修正できるのでこれも楽。

まあ、「左右非対称の服」とかにはまったく対応できませんが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント