美少女3Dモデリング(1):標準ちゃん/頭部

前にも書いた標準ちゃんがリグ組むところまで進んだので、そろそろ制作日記的なものをやろうと思います。
(実はIKがうまく行かなくてふてくされていたり。)

仕事が早くも年末進行(このまま年度末進行になだれ込む恐れアリ)でそれなりに忙しいのと3Dばっかりやってるわけでもないんでときたまになるだろうけど。

まあ、3Dは「ちょっとだけやってレンダリング or SS取ってアップ」つーのができる分、3Dよりも展開は早いと思うので、更新ペースは上げられるかも知れません。
あとは本人のモチベ次第か(乾いた笑ひ)


最初はゼロベースからの過程を全部書いて行こうと思ったけど、

1. まとめるのに時間がかかることが分かり、時間がもったいない
2. ぼくより経験値高い人、およびLightWaveユーザーでない人には無意味
3. ぼくより経験知低い人には中途半端では役に立たない

といったもろもろの理由により、ある程度進んだものからピンポイントでこんな風に作ってますー的にざっくりとまとめる程度にしたいと思います。(まあ、多分に自己満足ってことで。)
その中で使える情報があったら拾ってください。

【標準ちゃん】
標準ちゃん近影

標準ちゃん(一応 virturoid:eve という洋名アリ)は今後いろんなモデルに派生するための素体(ベースモデル)。
毎回イチから作るとナンなので、体型が概ね一緒なら手間が省けると思うので。

その関係であんまりでっぱったりひっこめたりできないので、いろいろと中途半端だったりします。

あと基本的にトゥーンシェーディングで行くのと、サブパッチを使うっつーことと、将来的にDirectXでリアルタイムレンダリングをしたいこともあって、「ポリゴンは極力少なめ」「細かい凹凸はつけずにスッキリと」「時々奇妙なジオメトリ」という感じになってます。


そんなわけでまずは作って楽しい顔の辺り。

サブパッチかける前はこんな感じ。
画像
めり込んだりしてる部分はポリゴンが粗いので…。

サブパッチかけたあとはまともになるよ。
画像


目ですが。
画像
テクスチャのゆがみを避けるためサブパッチをかけず、半球状にもしないで円筒を切り取る感じにしてます。
ポリゴンは頭に固定。
リアルタイムの場合テクスチャに目を直接描けばいろいろ制御できるのと、でっかいと骨で動かすのが大変なので。
まーこれは顔全体を動的テクスチャ+モーフィングにしたほうが融通は利きそうですが。

…と思ったけど、後で骨入れてみたらこれでもそれなりに動いているので、あとで半球にしたほうがいいかも。半透明使って厚み出せるから。

あと、ハイライトを描き込んでしまっているのがいろいろとイタイところ。
リアルタイムでテクスチャに書き込む場合ならけっこう簡単に解決できるんだけどなー。
ちゃんとやるとしたら、目にだけ映り込むオブジェクトを立てるしかないんかなー。
まあ、今後の課題ってことで。


まつ毛と眉毛はサブパッチで。
画像
まつ毛は今回はシンプル。
必要に応じて こんな感じ でコーンのまつ毛を植毛したりもしますが、標準ちゃんは習作なんでノーメイクってことで。


髪の毛は坊主だとかわいそうなので、数枚の板で。
画像
アルファ使ったり閉じたポリゴンにするといろいろと大変なんで、とりあえずはショートカットヘアを1層だけあしらいました。
角度によってはスカスカなのがバレるけど。

頭部を普通にレンダリングするとこんな感じに…。
画像
どうよこの平凡な顔立ちorz
…がんばればフィギュア風にもできそうな気もしますが、やっぱりおとなしくトゥーンシェーディングでいっときます。


ところでテクスチャですが、頭部では瞳と髪の毛の光沢にのみ使ってます。
当面は頂点いじったりすることが多そうなんで…。

ちなみに髪の毛の光沢マップですが。
画像
Photoshopでのお手軽な作成方法を挙げておきます。
ただしこれはお試し用で、プロはこんな邪道な方法は使わないでしょうけど。
(使ったのはPhotoshop7.01)

1. 256x256pxのグレースケール画像を作成し、白で塗りつぶす

2. ノイズフィルタをたっぷりかける
画像

3. ぼかし(移動)フィルタで縦に20px程度伸ばす
画像

4. 色調補正の「明るさ・コントラスト」で、白黒をはっきりさせる
画像
これはトーンカーブでやってもいいかも。

5. 3と4を、値を調整しながらもう一回ずつやる
画像
大体こんな感じになります。

6.上下を黒で溶かす
黒→透明にグラデ塗りつぶしをしてから指先ツールなどで調整。波形フィルタを使う手も。

画像
さらに図のように白と黒のレイヤーを重ねてコントラストを下げます。
これは「明るさ・コントラスト」でやってもいいけど、レンダリング結果を見ながら調整したいのでレイヤーでやったほうがいいと思います。

もっと大きいサイズで作る時は、敢えてその半分でノイズを乗せてから2倍にする際にサンプリングを「ニアレストレイバー法」にするとドットが粗くなり、移動ぼかし以降で太いラインになると思います。
ほんで大きいサイズでやるならノイズを少なめにかけて「髪の毛の元」を少なくし、波形フィルタでゆったりと横に波打たせ、一旦アルファで抜き、同様にして作ったものを2、3重ねれば、厚みを出せるかも知れません。
うまくいけば普通にカラーテクスチャとしても使えるかも。

まあ、この方法はあくまでお試し用ってことで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント